頻尿

頻尿、尿漏れ、残尿感、尿意切迫感などの排尿障害の原因は?病気?

男性用トイレ

 

40歳以降になると

 

  • 「トイレが近くなった」
  • 「夜中におしっこをもよおして何度も起きて眠れない」
  • 「尿失禁してしまうことがある」
  • 「いつおしっこがしたくなるんじゃないかと心配」

 

など排尿に関する悩みが増えます。いわゆる排尿障害ですね。

 

男性の場合、この排尿障害の原因も男性ホルモンの減少によるもので男性更年期障害の症状の一つです。

 

そのメカニズムを言うと男性ホルモンの減少によって尿道を開け閉めする筋肉が弱り、自分で排尿をコントロールできなくなるためなんですね。

 

また、50歳を超えてくると前立腺肥大による排尿障害も生まれます。

 

排尿に関してそれほど障害がないと思う人でも「おしっこの際にキレが悪い」と感じるようになったという人は多いのではないでしょうか。

 

「トイレで出し切ったと思って、チャックを閉めたら漏れちゃってズボンにシミがついちゃった。。」みたいな

 

これらの排尿に関するトラブル対策としては、男性ホルモンを活性化させることにつきます。そのためには、

 

  • ストレスを軽減する。
  • 運動をする。
  • 男性ホルモンを生成するミネラル「亜鉛」を摂る。

 

ことが重要になってきます。

 

  • ストレス軽減で言うと、休みを十分にとる。睡眠をしっかりとる。あまり悩みこまず開き直ることも大事。
  • 運動でいうと「腹筋」は男性ホルモンを活性化されることはもちろん、尿道まわりの筋肉を鍛えることになるのでお勧め。

 

そして最も重要なことが、男性ホルモンの生成を促す”亜鉛”をしっかり摂取することです。

 

亜鉛は男性にとって、とても大事な栄養素であるにもかかわらず、とても摂取しにくい栄養と言われています。

 

その理由は「【亜鉛】は精力アップというより男にとって必要不可欠なミネラル」でも紹介していますが、「摂りにくい!吸収されにくい!」ものなので意識してしっかり摂りいれなければいけないんですね。

 

とくに亜鉛不足の状態だと、年齢が40代前半でも「前立腺炎」という病気に陥りやすくなり、頻尿、排尿痛、睾丸の痛み、下腹部のジンジンした痛み、などの症状を引き起こすことにもなります。

 

尿に関する悩みはなってみてよくわかるんですが、気になりだすと精神的にもやられてしまい、尿が原因で”うつ病”になってしまう人もいます。

 

どうしてもトイレに立つことができない重要な会議では気が気じゃなくなりますし、とくに夜間頻尿は睡眠に多大な影響を与えてしまうので健康被害としてはなおさら深刻です。

 

「尿に関する悩み」と「性的な悩み」、「更年期うつ」などの問題は、男性ホルモンの減少が原因であり、一つを発症するとすべての症状を引き起こすことになると、この分野の第一人者であるお医者さんも明言しています。

 

また逆に言えば、どれかを克服すると全ての悩みも克服できるということなんですね。まずは自分でできることから!男性ホルモンを亜鉛で増やし、尿に関する悩みを克服してください。

 

TOPページでは亜鉛をしっかり摂れるサプリメントを紹介しています。


頻尿、尿漏れ、残尿感、尿意切迫感などの排尿障害の原因は?病気?関連ページ

大人の男が”朝起きれない”原因は病気?
大人の男が朝起きれない原因はある病気の可能性が大です。その病気とは?
40歳以降の男性が「毎日楽しくない」という状態に陥る理由は?
40歳以降の男性が「楽しくない」という状況に陥ってしまう理由・原因について紹介しています。