アルギニン 効果

精力アップだけじゃない!アルギニンのその他の効果とは?

アルギニンの効果

 

アルギニンには精力増進の他にも以下のような効果があります。

 

  • 肝臓疾患の予防と改善
  • デトックス効果
  • 脳の活性化と疲労回復
  • 動脈硬化などの血管系の病気予防
  • 免疫力の強化

 

肝臓疾患の予防と改善

 

アルギニンには肝機能の働きをよくする作用があるため、肝臓疾患の治療にも使われているほどです。

 

肝機能の低下と言えば、アルコールの摂取があげられますね。要するにアルギニンを摂ることで、毎晩お酒を飲むことによる肝機能低下を予防・改善してくれるわけです。

 

ゆえに二日酔いの予防にもアルギニンは効果を発揮してくれます。

 

デトックス効果

 

デトックスとは「解毒」「毒抜き」という意味です。

 

通常私たちの体には、PCB(ポリ塩化ビフェニル)やヒ素などの有害物質や水銀や鉛などの有害ミネラルが水、土、食べ物から知らないうちに入り込んでしまっています。

 

これらの有害物質を取り除く作用がアルギニンに備わっているんですね。有害物質が体内に居座ると、体の中の酵素が活性化されず、新陳代謝が行われなくなってしまいます。

 

こうなるとガンや糖尿病、高血圧、動脈硬化、肝臓病などの生活習慣病を引き起こしてしまうことになるんですね。アルギニンが不足することはとても怖いことなんです(^^;)

 

脳の活性化と疲労回復

 

アルギニンには成長ホルモンを分泌する働きがあるため、脳の活性化や疲労回復などの効果をもたらします。

 

脳に関しては新陳代謝を高め、質の良い睡眠を促し、記憶力の上昇、知的活動においても生産性を高めてくれます。

 

身体においては、神経の興奮をおさめたり、筋肉細胞の再生を助けることで、心身ともに蓄積した疲労を回復する作用があります。

 

動脈硬化などの血管系の病気予防

 

先にも書きかしたが、アルギニンには血液の流れを促す作用があります。それにより動脈硬化の予防・改善につながり三大生活習慣病の心疾患や脳血管疾患を阻止する働きがあります。

 

免疫力の強化

 

私達の身体はどうしても加齢により免疫力が低下してしまいます。それを防ぐにもアルギニンは効果を発揮するんですね。

 

その仕組みは、アルギニンによって成長ホルモンが分泌され、体外から侵入するウイルスや体内で発生するがん細胞などに対する免疫反応を強化してくれるからなんです。

 

まとめ

まとめ

このように一部ではアルギニンは精力アップのためのものと思われがちですが、私達の健康を維持・改善するためにとても必要なものです。

 

すなわち精力アップのために使用しはじめたアルギニン摂取によって精力アップだけで無く、今まで悩みがちであった体のさまざまな部分で改善を実感できるようになるんですね。

 

まさに、一石二鳥どころではなく一石何十鳥にもつながるのがアルギニン。亜鉛と同時にしっかり摂取したい栄養素です(^-^)

 

精力アップサプリランキング